工事はこんなに近隣に気を遣う!近隣への説明や交通整理員の配備について


工事に欠かせない近隣への説明

家屋の建設や道路の補修などの工事を行う際は、工事の内容や期間のほか、騒音の程度や道路の使用状況について近隣に対する十分な説明が必要です。特に、地響きや騒音を出すような迷惑になる工事に関しては、説得力のある説明をしておかないと、後にトラブルになるでしょう。大型マンションの建築など大規模な工事なら、付近住民への説明会を開かなければなりません。近隣へ与える影響がさほど大きくない場合は、工事の概要を記載した書面を携えて、近隣の居宅を1軒ずつ訪問し、できるだけ理解を得られるよう努めるのです。

説明書類には、工事期間とその間生じうる騒音の大きさなどについて詳細な事項が記載されます。さらに、工事責任者の名前と連絡先を記し、工事期間中に何か問題が生じれば連絡してもらえるよう依頼しておきます。

工事を支える交通整理員の役割

工事期間中、道路の通行に制限を設ける場合は、交通整理員を配置しなければなりません。交通整理員は、工事現場前を通行する人や車に悪影響が及ばないよう、安全確保に専心します。交通整理員は、工事そのものには関わりませんが、場合によっては、近隣住民に道路の使用状況を説明したり、近隣の居宅前の道路を清掃したりして、近隣との信頼関係を築くために寄与することもあるでしょう。ただし、交通整理員は、警察官のように強制力を持った指示を出す権限がなく、通行人に協力を求めることしかできません。

通行人が任意の協力を拒むと、交通整理に支障をきたします。したがって、交通整理員は単なる旗振り役ではなく、工事をスムーズに進行させる上で重要な役割を果たしているのです。

中古の建機のオークションは、全国に点在するオークション会場やインターネットサイトで行われています。人命に関わる大切な建機を選ぶのですから、いずれを利用する際でも安さよりも信頼を重視することが大切です。